-->

拳聖会本部道場/水曜日のひとりごと。

〒418-0039 静岡県富士宮市野中983-11 日本拳法道連盟 拳聖会総本部 ℡0544-23-9988 Fax0544-22-0404

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

熱中症。 

※熱中症

 暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称

 屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる。

 高温障害にて、日常生活の中で起きる「非労作性熱中症」と、スポーツや仕事などの活動中に起きる「労作性熱中症」に大別することが出来る。

 ※予防法

 体感温度を下げる方法

 日射を防ぐ、通風を確保する。

 運動・就労前に内臓(胃など)の負担にならない程度に出来るだけ多くの水分を取る。

 発汗によって失った水分と塩分の補給をこまめに行う。スポーツドリンクなど塩分と糖分を飲みやすく配合した飲み物も良い。

 睡眠を十分に取る。

 ※対処法

 経口補水液またはスポーツドリンクなどを飲ませる。

 霧吹きで全身に水を浴びせて、気化熱によって冷やす。

 冷たい缶ジュースや氷枕などを腋の下、股などの動脈が集中する部分にあてて冷やすのが良い。

 涼しい場所で休ませる。木陰やクーラーの効いたところで衣服を緩めるのが良い。

 速やかに病院などに連れて行く。躊躇せずに救急車を呼ぶ。

 汗をかいていないとしても、体温が高くなくても熱中症の可能性はある。脱水していれば、汗をかくことができない。
体温調整が出来なくなっているためか、高温多湿の体育館内での運動中などに寒気を訴える場合があり、そういったときは熱中症の兆候を疑ってみた方がよい。
自覚症状で熱中症だと感じることはまずない。自分で大丈夫だと思っても「おかしい」と思った時にはもう遅い可能性があるので、十分注意する必要がある。
スポンサーサイト

2012/07/19 Thu. 23:35 [edit]

category: ひとりごと

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenseikaiwen.blog91.fc2.com/tb.php/401-f33baf11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。