-->

拳聖会本部道場/水曜日のひとりごと。

〒418-0039 静岡県富士宮市野中983-11 日本拳法道連盟 拳聖会総本部 ℡0544-23-9988 Fax0544-22-0404

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

なでしこJAPAN、その2。 

 もう聞いた話かも知れませんが、

 
 PKが終わり、日本の優勝が決まった瞬間、歓喜の中、ピッチに駆けていく選手たち。

 それは当然の行為。感情の爆発。間違っていません。

 でも、そのとき唯一、歓喜の輪に背を向けた選手がいます。

 宮間あや選手です。

 宮間選手はアメリカ選手たちのココロを気遣っていました。

 そして、キーパーのソロ選手に近づきねぎらいの言葉をかけました。

 これはソロ選手のコメントです↓

 「試合後、彼女が歩み寄ってきた時、彼女は喜びをあらわにしていなかった。彼女はアメリカに敬意を表したかったのでしょう。なぜなら、私たちが負けてどれほど傷ついたか分かっていたから。その出来事は本当に日本が尊敬すべき国だということを表しています」

 d39af51c-thumb-460x276-3354.jpg

 そして、ソロ選手は宮間選手に「もっと喜んでいいのよ」と声をかけたそうです。


 「日本なんぞに」と思っていたアメリカ国民も、このソロ選手の話を聞いて素直に日本の優勝を祝福したそうです。

 「勝って驕らず、負けて腐らず」

 拳法の大会でも勝敗の決まったあと、選手同士が握手をする?させますが?

 これは、ただの儀式?パフォーマンスではなくて、

 お互いの健闘をたたえあう。

 勝ったから強い。負けたから弱いのではなくて、

 同じように頑張ってきた者への敬意を表するということ。

 そのことを忘れずにいてもらいたいと思います。

 
 宮間選手の行動は、まさに「武道精神」です。

 ホント素晴らしいです!


 極論ですが?自分はスポーツと武道の違いは、こんなトコにあると思います。

 スポーツだろうが武道だろうが、リンクするんですけどね(笑)
スポンサーサイト

2011/07/26 Tue. 00:58 [edit]

category: ひとりごと

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenseikaiwen.blog91.fc2.com/tb.php/285-fc7be5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。